ヤセたいのにヤセない暮らし

🍀ただ日々を綴るブログ🍀

二十日大根の失敗は土がフワフワだからかも


f:id:Hanabatake:20180715100600j:image
 

 

再チャレンジの二十日大根。また茎がひょろひょろ伸びて失敗の気配が濃厚。

 

原因を考えてみました。

 

Yahoo!知恵袋ガーデニングカテゴリーを眺めてみると(ぴったり同じ悩みの人がいて質問されてらっしゃるので、有り難く参考にさせてもらいます。)

 

  • 日照不足
  • 水のあげすぎ
  • 土がフワフワ

 

あたりが、二十日大根のひょろひょろ伸びの原因かな?(°°)

 

前回の失敗を、勝手に「間引きが遅かったからかも?」と、考えて、今回はさっさと間引いたのに、ひょろひょろになりましたから、3つのうちのどれか、にあるかな!(*^^)

 

日照不足?

 

素人すぎて、日照不足なのか、足りてるのか?全く判断がつきません(´`:)

 

南側のベランダといえど、たまに日陰になる時間があるので、気づいたときはプランターをひなたに移動させています。

むしろ、ベランダって表面が暑いので、ひなたに移動させ続けることが、内心心配。

ものすごーーーく、日照不足って事は無いはず…??

 

水のあげすぎ?

 

夏だから、、、朝と夕方、乾いていたらたっぷりお水をあげています。毎日は、あげなくていいのかなぁ。水のあげすぎは、見直す事にします。

 

土がフワフワ??

 

もう、めっちゃフワフワの土!!

 

一袋、二百数十円の培養土。

お野菜を育てるにはふわふわすぎたのかしら。

 

やっていいのかわからないけど、ふわふわすぎるのは素人でも感じたので、上からギューッと根ごと押し込んでみました。

 

「土寄せ」というより

「土押し込み」からの「土かぶせ」(´`:)

 

 

ギューッギューッギューッ。

 

土をかけて、更にギューッと

 

ぐいぐいぐい!

即席。踏み固められた大地になぁ~れ

(っ´ω`c)

 
f:id:Hanabatake:20180715100617j:image

 

??

 

よし!

ベテランさん達が見たら

 

「キャーーーー!!」(悲鳴)

 

 

ってくらい、乱暴な作業かも。

 

ふふ。これから、数日間は

土を毎朝押し込んでやるぜ!

 

 

お安いフワフワの土でも、どうにかなるものなのか?

実験を兼ねて(*^^)

バジルの摘芯⇒挿し芽計画


f:id:Hanabatake:20180713194418j:image

 

昨日、下の葉のほうから収穫したバジル。

頭でっかちの状態から…

 

「摘芯」して、もっと収穫量を増やそう!

 

と…まぁ。一株だけ買った苗を、なかなか貪欲に喰らおうとする、私。

茎を切ったら、その下のあたりから二つの枝に分かれて伸びるそうですよ…?

 

なんて生命力なんだ、バジル!!

 

バジルへの尊敬の念を抱きながら


f:id:Hanabatake:20180713194500j:image

 

チョキン。チョキン。

 

本当に大丈夫なのか、不安だったので、一本だけ、切らずにそのままにしようかな?等と、潔くない考えが頭に浮かぶも

 

「逃げ道作ってるみたい…」(´`:)

 

と思い直し、全部チョキン。

 


f:id:Hanabatake:20180713194514j:image

 

なんて元気なバジルさん(っ´ω`c)

 

は~、バジルを見ると、トマトが食べたくなっちゃうな~。


f:id:Hanabatake:20180713194540j:image

 

「キャーーーー!」←バジルの悲鳴。

 

葉を切りながら、バジルの叫び声を妄想。

欲深い人間に買われた為に、育っても育っても切られていくバジル…。(つд`)

 

※上の葉っぱがあればいいみたいです。

 

へんな妄想しておきながら、しっかりと乾燥バジルを作りました。


f:id:Hanabatake:20180713194552j:image

 

ちょっと、オシャレぶって撮影。

 

10日ほどして、根が生えてきてから、土に植えると挿し芽が成功しやすいそうです。

 

成功したら、バジル三昧ですね!

 

家族でバジル食べられるの、私一人だけなのに。バジルの生命力に、嬉しい悩み。

(つд`)

 

今日の癒やしの日々草

 


f:id:Hanabatake:20180713194605j:image

 

種がこぼれて、ふた葉が生えていました。

 

赤ちゃんだ、赤ちゃんだ♪

 

干し椎茸の完成!


f:id:Hanabatake:20180713194631j:image

 

今日の埼玉は高気温だった為、1日で椎茸がカラッカラに。

 

お日さまらっきょもブクブク泡立って(発酵)してるし、干し椎茸の香りやバジルの香りやら

 

我が家のベランダ

ニオイの宝石箱や~(´`:)

 

 

 

ネクタリンジャムと桃ジャムを作る

2割引シールが貼られた果物


f:id:Hanabatake:20180713080311j:image

 

桃(白鳳)とネクタリン(サマーエンジェル)が、二割引きで売っておりました。

 

二割か…。

ちょっとだけ、安い。

ちょっとだけ、古い。

 

「ネクタリンは食べたこと無いから、買おう。」

「しかし桃は?桃って凄く美味しいときと、ハズレのときの差が凄いじゃない…」

 

と。

少し迷ったのですが、ジャムにしたかったので、お買い上げ。

 

 ネクタリンをコトコト


f:id:Hanabatake:20180713080327j:image

 

 生でかじってみたら、酸味が爽やかでそのままでも充分おいしかったのですが、ジャムと決めたら今日はジャム! (*^^)

 

外の皮が綺麗な赤色で、果肉は白っぽい。

発色が鮮やかそうなので、皮もみじん切りにしてほんの少し鍋に投入です。

 

ネクタリンの重量に対して砂糖は30%

 

ホーロー鍋の中に刻んだ果肉(と少しの皮)と上白糖をいれる。

レモンは無いので、代用でクエン酸を少量。ティースプーンの先に先に半分ほどを入れました。

全体をからませたら、鍋を加熱。

 

沸騰の泡の丸い形がよく見えてきたら完成。

 

(何かの時に買っておいたクエン酸。ジャム作りのレモン汁の代用と使えるとわかりました。手軽に扱えるので、これはこれでオススメです。ドラッグストアで購入。)

 

桃をコトコト


f:id:Hanabatake:20180713080339j:image

 

なかなか美味しそうな色。

こちらは桃ジャム。

 

桃2玉⇒ジャム瓶小が2つ。

出来上がります。

 

生食で、甘味が薄い桃だったこと。

桃ジャムを食べるのはネクタリンよりも後になりそうことから、こちらは

 

 

桃の重量に対して砂糖50%

クエン酸ちょっぴり

 

で作りました。

 

桃は皮いれない。

産毛はえてるし。あと、果肉に赤みがさしてるので、身の色だけで、綺麗です。

 

 

 コトコトコトコト。


f:id:Hanabatake:20180713080354j:image

 

完成!ヾ(o´∀`o)ノ

 


f:id:Hanabatake:20180713080406j:image

 

翌朝。早速ネクタリンジャムと先月作った梅ジャムを塗って、朝のパン。

 

20日大根をちょっと間引いたのも、ポイとは出来ませんで、ご一緒に。

 

ネクタリンジャム、美味しい!(つд`)

(もちろん梅ジャムも美味しい!)

 

不二家ネクターってジュースがありますが、それより甘さは強くないくらい。

 

それでも、なかなか甘いので、割と早めに食べきるならばお砂糖減らしても美味しいかと。(^-^*)

 

これは、子供達も旦那さんも、皆が食べやすそうだなぁ。

 

パンに塗るのも美味しいけれど、ヨーグルトと一緒に食べたいなぁ(*^^)

 

果物農家さんに、感謝(*^^)

 

本日も、ご馳走さまでした♪

 

 

 

乾燥バジルパウダーを作る

育ったバジルの葉を収穫


f:id:Hanabatake:20180712205131j:image

 

これは、6月14日の写真。

約1ヶ月前の写真です。

ホームセンターにて、プランターと土と苗を買ってきて植えたばかりの状態。

 

うむうむ。可愛いサイズですね♪

 

それが大きくなってきたので、バジルの葉を収穫しました。下の方の葉から収穫。

 

「摘芯」(てきしん)といって、もっと早い段階で芯をチョキン!としたほうが良かったみたいですが、、調べて知ったのが今日の為(´`:)まずは、下の葉からの収穫を本日やり、「摘芯」は明日以降、やろうと思います。

 


f:id:Hanabatake:20180712205703j:image

 

バジルの下の方を収穫し終わった状態。

 

頭でっかちですね(*^^)

あと、背丈を見ると、バジルとパセリの成長速度が全然違います。パセリも外側の葉から何本か収穫しました。

 


f:id:Hanabatake:20180712205929j:image

 

バジルの頭に、花芽?を発見。

花芽ができると、花を咲かすために力を使ってしまうので、葉っぱが美味しくなくなるそうです。

まだ、葉っぱを楽しみたいので、ここだけはチョキン!としました。摘芯後、無事に枝が増えたらお花や種を楽しむ余裕もできるかな。

 

個人的にはバジルシードを食べる!というところまで、頑張ってみるつもりです。

 

 

さて、バジルを干そう。

 


f:id:Hanabatake:20180712210230j:image

 

微妙に風で飛ばされそうだったので、お菓子作り用の粉ふるいにバジルとパセリを入れて、ざるに乗せました。

 

地元野菜コーナーで一袋120円だった小さな椎茸も、ついでに干しています。

ついでの椎茸のほうが、のびのび、干されております。(*^^)

 

中国産のスライス干し椎茸ですら、買うとそれなりにするので、安心でお手頃な干し椎茸が作れたらラッキー♪くらいの挑戦です。

 

半日干した時点で…↓

 
f:id:Hanabatake:20180713005324j:image

 

…うっすら、汚い色です。

 

これでも、写真とるから真っ黒いところ、取り除いたんですが…

(いっそ、同じ写真に収めるべきだったかも)

 

バジル、黒くなる、と検索したら

レンジでチンする方法があったので

皿のまま、バジルの葉を一分チン!

 

うっすら、乾いてパリッとしてる部分ができて、、しめってる部分もありましたので、もう一分チン!

 


f:id:Hanabatake:20180713010255j:image

 

綺麗な色になりました。

 

しかし、クサイ。

 

レンジであっためてる時のバジルの香りがクサイです。(泣)

 

私、バジル大好きなんですけどね。

香りの濃度がハンパない。

 

ゴリゴリすりこぎして…

 


f:id:Hanabatake:20180713010543j:image

 

乾燥バジルパウダー(右)の出来上がり♪

 

濃厚な香りです。

料理で使うのが、楽しみです!

 

(っ´ω`c)

 

 

 

おひさまらっきょと干しズッキーニ

ズッキーニを頂いたので…


f:id:Hanabatake:20180711110853j:image

 

先日、友人からお野菜を頂きまして、その中に、この大きなズッキーニ。

 

スーパーではまずお目にかかれない大きさに、楽しくなってしまいました。

 

ズッキーニ。切ったらすぐ使わないと断面からしなびてしまうなぁ、と、いうことで…

 

  • 三分の一はズッキーニとトマト(他冷蔵庫にある野菜、色々投げ込んで下さい)をコンソメ(で煮たかったけど、切らしていたのでブイヨン)と塩で、スープにする。
  • 次の三分の一は、プラスチックの漬け物器で、塩漬けに。
  • 更に最後は全部スライスして、乾物にする。

 

と。(*^^)

ありがたく、一気に使わせて頂きました。

 

スープ。

 

おいしいっす。

 

ズッキーニって、おいしいです。

 


f:id:Hanabatake:20180711110908j:image

 

干している様子。

 

 といっても、3日間程干した後なので、すでにカラカラ。

これならしまって良さそうです。


f:id:Hanabatake:20180711110922j:image

 

てなワケで、ガラスの容器に移しました。

 

スープのときに具にしてもいいし

軽く水で戻してピザのトッピングにしたり

 

後に美味しく頂きます。

 

おひさまらっきょを作る


f:id:Hanabatake:20180711111010j:image

 

今年は既にらっきょの甘酢漬けを作っておいて、そろそろ食べ頃を迎えたのですが

 

とあるホームページ(オトコ中村の楽しい毎日、という素敵なところです!)で、お酢を使わない乳酸醗酵によるらっきょう漬け。

 

というのを発見。

 

別の地域(少なくとも岐阜県のワークショップのホームページ)では「おひさまらっきょ」と呼ばれています。素敵なネーミング。

 

オトコ中村様のレシピにて

実際に仕込んでみました!

 

  • らっきょう400グラム
  • 水400グラム
  • 砂糖80グラム
  • 塩20グラム

 

※らっきょうの重量に対して、砂糖は五分の一。塩は二十分の一。

 

埼玉に住んでいるのですが

もはや店頭には鳥取県産の砂らっきょうも宮城県産の泥らっきょうも姿を消しております。

 

しかし、ちょうど昨日。

地域の野菜が売っているコーナーにて、茨城県産の泥らっきょうを発見しました!

 

ありがとう…茨城県(つд`)

 

直射日光にあてとくらしいので、今、ベランダの室外機の上に、仲良く瓶を並べております。

 

 
f:id:Hanabatake:20180711125705j:image

 

置いて二時間…。気泡がでて、

醗酵してきている!(笑)

密封瓶にいれたのですが、醗酵が進んで瓶が爆発したらイヤなので。蓋を若干緩めて閉めております。

 1ヶ月後に食べられるそうなので、楽しみに過ごすとします。

 

 

その他ベランダの様子

 

f:id:Hanabatake:20180711111038j:image

 ミニにんじんピッコロ(*^^)

ちょっぴり伸びた。


f:id:Hanabatake:20180711111100j:image

 

仕切り直した20日大根。

もう芽が出た~(*^^)

これは、今日間引ききたあとの写真です。

 


f:id:Hanabatake:20180711111117j:image

 

ついでに。左のブルーベリーシロップ。

もうすぐ完成と、、、

右は、山形県の大石早生プラムを、氷砂糖とブランデーで漬け込みました。

 

  • プラム600グラム
  • 氷砂糖400グラム
  • ブランデーベースリキュール1000ml

 

ホワイトリカーより、ブランデーベースリキュールのほうが甘いので、氷砂糖、もっと少なくてもいいんだとおもいますが、甘めのほうが好みだから、このくらい。(*^^)

 

一年後に、飲むのが楽しみだー!

 

20日大根収穫と仕切り直しの種まき

魔界の植物化(?) した20日大根

 

ワサワサワサー。と伸びてから、赤い茎が露出し…20日以上経過するも、根が全く膨らむ気配のなかった20日大根。

 

今日で23日かな?

もうしばらく待てば根が膨らむのかもしれない!!…という気持ちも捨てきれなかったのですが…

 

やり直して、もっと早く間引けば、茎が露出せずにすんだのではないか?

 

との気持ちに傾いてしまい、20日大根(呼び名・はっちゃん)は、お菜っぱとして、収穫してしまいました。

 


f:id:Hanabatake:20180708104854j:image

 

お水で良く洗って

 

 
f:id:Hanabatake:20180708104947j:image

 

下拵え、おわり。

今夜のお味噌汁の青みとして、活躍させます。(*^^)

 

頑張ってたのに、抜いてごめんよ、

はっちゃん…。

 

 
f:id:Hanabatake:20180708105140j:image

 

根をなるべく取り除いて、固形肥料を入れて、改めての種蒔き。

 

新たなはっちゃん育成の始まり始まり。

 

南高梅シロップ完成

 

 
f:id:Hanabatake:20180708105436j:image

 

スーパービバホームにて900mlサイズの瓶を買い、煮沸消毒。シロップ自体も加熱してから、瓶につめました。

 

子供達が、気に入ってくれたので、ありがたいです。バテることなく、夏を乗り切れたらいいです(^-^*)

 

1キロの南高梅から、900mlちょいのシロップが完成。

来年は、二倍で作って、大人も気にせず飲める量を拵えましょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーベリーシロップと日々草の種


f:id:Hanabatake:20180706172933j:image

 

ブルーベリーシロップ2日経過

 

日に何度かひっくり返し…糖分を絡ませております。

 

梅シロップの時もそうしていたので、家族も覚えて下さり(主に旦那と娘が)たまに気づいてひっくり返してくれてます。(*^^)

 

ブルーベリーシロップ…めっちゃ色が綺麗です。

今流行りのハーバリウム?(おしゃれな花や草を瓶につめて飾る雑貨?)も綺麗だと思うのですが、個人的には「見て美しいハーバリウム」よりも「見て美しいうえに飲んでも美味しい」果実のシロップのほうが勝利です。(勝負でもなんでもないけど勝利)

 

特にブルーベリーは色が美しいので座布団三枚あげたいくらいです!

 

(あぁ…。座布団といえば笑点。亡くなられた、歌丸師匠を思い出してしまって、不意に悲しみがこみあがってまいりました…。今週の笑点録画しよう!)

ブツブツ…(つд`)

 



f:id:Hanabatake:20180706174109j:image

 

初めて収穫!日々草の種!

 

今朝。ビニール袋と割り箸を片手に、プランターの土に落ちた葉や花を摘まんで掃除していたところ、

 

「?…小さい黒い粒が落ちてる…」

 

「また幼虫か?毛虫とかのフンか!?」

キャーー(´`:)

とりあえずフンを捨て捨て…!!

いくら葉をめくっても幼虫の確認が採れなかったのですが…

 

土の上に一枚。枯れた細長い葉のフチに、黒い粒が並んでついている…。

 

…(゜o゜;

 

…(゜o゜;

 

…種!!!!!ヾ(o´∀`o)ノ

 

ビニール袋の中にポイポイした数粒は、水槽掃除をした水分のあるゴミも混じっていたため、救出出来なかったのですが

 

とーっても嬉しく残りの種を収穫しました!

 

ちょっと…フンみたいな種が、小学生時代の検尿(折り紙のコップみたいなヤツ)にいれる気持ちになってしまい、見た目が微妙ですが(己のせいですね!)少しずつ種を集める楽しみが出来ました。

 

フフン。

「草殺し」と旦那に呼ばれていた、昔の私とは、グッバイだなっ。

 

 



f:id:Hanabatake:20180706175243j:image

 

本日のドラゴンフルーツ

 

うわーん…(つд`)!!

生きてるの?それとも、もうダメなの?

 

もはや、恐ろしくてピンセットでもつまめないし、どうしたらいいのかわからない(´`:)

 

種からサボテン計画。

 

難航。

難航もなにも、知識がないだけなんですけどね。

 

どなたかサボテンマスターみたいな方、いらっしゃらないかしら。

 

迷いながら、また根元にそっと霧吹きを

シュッ…_(._.)_